brief variation: ステップ1から参加 出会い系サイト ある 記入する 通知する 男性と女性 yourselfについて。 時々プロファイルは含む パーツ プライベートの詳細インスタンス あなたの収入、職業、または医療 詳細など。シングル公開 このデータ 頻繁に 信じる それは 残る 2つの間 そして site、しかし、それは 必ずしも あなたの状況。いくつかの大人の出会い系サイト できない 置く 十分 保護 定位置 確実にする 個人 機密性。セキュリティを意識した出会い系サイトであるPositiveSingles.comは、進化という使命を発見しています。 2001年、PositiveSinglesは作成機密ネットワーク ガイド 男性と女性 管理する 親密に送信された病気。 その ユーザー 宝 彼らのユニーク 機密性、さらに グループ 運営 難しい 維持すべて繊細 ユーザー 情報 保護。 Inside aftermath of recent オンライン プライバシースキャンダル、PositiveSingles 実際に 提唱 適用 HIPAA-スタイル保護 for the online dating world 、そう デート ビジネスは付着し続ける 高い 道徳的 基準 いつ 収集、保存、および明らかに 個人 情報。

Privacy is actual hot topic in the インターネット この時間を見てください。 のように見える 毎日 革新的な新しい 見出しは乱用 データ、トラブルを非難します セキュリティ 標準、そして 一般 過失 ソーシャルネットワーク に関して 保護 敏感で痛みを伴う 情報。

一部のメジャー 企業(見てあなた、myspace)作った 内部 過ち 保持 彼らのユニーク 消費者 脆弱性。 そうではない 偽物 開発。 それは 本物 問題 必要 対処。いくつかの信じる 解決策 ある より強い 政府 監督および情報 防衛 ガイドラインこれらのような最近 ヨーロッパ諸国で亡くなりました。 その他 考える 責任は落ちる あなたのために 企業 引き締め 彼ら 手順 データ 安全性のそして設定 より大きな 標準。

In the internet dating 市場、PositiveSingles 実際に 準備中 実行 まさにそれ。このオンラインデート 会社と彼ら いとこ インターネットHerpesPeopleMeetやHIVPeopleMeetのようなサイトは、プライベート 消費者の最大 コミュニティを誇っています。 } 臨床的にあると判断されたヘルペス、HPV、HIV、およびその他 性的伝染した病気、一緒にカリフォルニアを拠点とするチーム 承認 社会的 義務 彼らはしなければならない 与える 彼らのユニーク 140万人のメンバー プライバシーとセキュリティ彼らは獲得した。

“消費者 情報 リーク 発生 ますます頻繁に” 注目アレキサンダーワン、 PositiveSinglesの広告 管理。 「状況 必要 注意とステップを元に戻す。サイト 必要改革と改訂 彼ら自身 安全予防策 個人のため 必要 保護。 “

2001年以来、PositiveSinglesはスコア疎外されたシングルと権限を与えられたに与えた 音 人々へ 話し合い 彼らの特定 ストーリーと表示、拒否される、またはコミュニティ 可視性を恐れることなく診断します。 マーケット マッチメイキング 組織 挑戦 育成による人々 STDに対する汚名機密の近所 どこ ユーザーが参加 健康と マッチメイキングについての立派な 議論。

2018年4月、PositiveSingles 決定 単に取る 実践 ヒント オンラインデートのタックル プライバシー 問題。先見の明のあるビジネス 機能 置いた 重要な ソースを構築 計画 維持する インターネットサーファー 安全かつ 向上 世界中。

HIVAA for 出会い系サイト:正確な方法 倫理プライバシーポリシー シールドシングル

1996年に法律 米国に渡され、医療保険の相互運用性と説明責任運用( 別名 HIPAA)セットダウン 特定 セキュリティ ルール 制限 医療保険および 保険プロバイダー 公開 患者および購入者 情報。対策は、成長 問題への反応 応答 通過 応答でした。 その 同じ テクノロジー それを より良い 蓄積およびショップ クライアント 詳細 作成 より簡単 同じ 詳細 表示 into community to stolen by crooks。 おなじみのように聞こえます、正しい?

幸い、連邦政府 認められた 安全性 脅威 関与 および設定 直立 標準 実践 ほぼすべて 医師 正確に誰 転送 健康 情報 in electronic type。 HIPAA 保護 クライアントが彼らのユニーク 敏感 情報 彼ら 知識または許可なしで共有。 立法 制限付き どのように 企業が処理 機密 医療 ドキュメント customer protectionsの 増加 標準と一緒に設定|および配置|。

PositiveSingles したい 使用 HIPAAの公理 toward internet dating privacy crisis。 HIPAA 方法 示す ソーシャルメディアおよび大人の出会い系サイト 可能性があります 制限付き 議論 プライベート ユーザー データ そして 使用 責任あらゆる漏洩。

“私たちがしたい ビルドアップ 典型的な、適用可能 要件 日付サイト 保護する people ‘confidentiality。 “ –PositiveSingles

関連する PositiveSingles、オンラインの出会い系サイト する必要がある設定する必要があります} 規制 方法に基づく 個人 インターネットデート 情報は 保存 また どのように 企業 話す 彼ら ポリシーと通知 顧客 内部 データ 投稿 技術。 マッチメイキング 企業 する必要がある シールド プライベート デート 情報(PDI)まったく同じ厳密さと透明性その医療 プロバイダー 管理 排他的 ウェルネス 情報(PHI)。

PositiveSingles したい 実行 世界的 プライバシー 標準とプロトコル それは 確認すべてのオンラインデート 組織セーフガード敏感で痛みを伴う 個人 情報。 dating business sees HIPPA as prime illustration of どのように いくつか 方針と説明 維持できる 個人 同様に 改善 業界 すべて一緒。

義務 出会い系インターネットサイト 実際に持っている に向けて theユーザー<を認める/ h2>

年にわたって、PositiveSinglesは実際に ハイライト 60,000以上のSTD 成功 物語を超えて育てられましたitsで120,000 talks ウェブサイト。 数百 ユーザー 利用する システム 見つける連帯、情報、およびlove。 彼らはそこに探している 開く 彼らのユニーク 心からその特別な誰か – 多分ない 開く 彼らの 個人 居住からマーケティング担当者、ハッカー、サードパーティ ビジネス 、そして 公的。

2018年、Grindr、よく知られている 同性愛者 デート 出合い アプリ 無料ケーション、共有 彼ら 消費者のHIV 地位と2つのサードパーティ 企業 include in the commonデバッグprocessの要素として。 online dating application has changed its online privacy policy in 反応 public抗議そしてしない はるかに長い 提供 HIV関連情報からベンダーへ。

このタイプ 信仰 ではない 許容できない 違反 to your PositiveSingles staff。 「正確に何 提供している 起こったに照らして、PositiveSinglesは持っている 適用 テクニック 研究する 正確な方法 プライバシー 格言 しばしば役立つ 特定の状況」とアレックスは言及した。 「専門家 持っている 推奨された オンラインの出会い系サイト 学ぶ以来、HIPAA 安全性 規制。 “

PositiveSingles エイド 巨大 メンバー サークル |正確に誰} 感謝 彼らのユニーク 機密性と期待 安全 デート 大気。 機密性 特別に 必須性感染症のシングルなぜなら 議論 医療 情報 彼ら よくないかもしれない 欲しい 誰でも 外 出会い系インターネットサイト について知る。 PositiveSingles チーム 認識 必要性 識別および操作 挑戦 維持 その 個人 詳細 プライベート。 出会い系サイトとアプリ 提供 保護されている 巨大な機密性人数 オンラインおよび 熱望セット新しい HIPAAに触発された標準 その他の インターネットデート プラットフォーム フォローすると。

PositiveSingles causes インターネットデート 新鮮 時代のセキュリティ

オンライン デート グローブ ありがち 特に 危険にさらされている プライバシー 問題 なぜなら彼らは 通常 明らかに 個人的な情報 彼らへ デート ユーザー。 いつ ウェブ上デートをする人は、自分でについて個人統計を開示します。彼らはやっている|彼らは実際にやっている} 非常に 下 期待そのちょうど 外出 顧客 通知 情報。 しかしいくつかのオンラインデート 組織 持っていない 適用 満足 プライバシーおよび保護 ポリシー 維持する ユーザー 情報を存在することから リークまたは共有 オンライン。

PositiveSingles したい 宣伝 オンライン エコシステム シングル快適に感じる 明らかにする 彼ら自身の健康ステータスおよびその他 痛みを伴うそして敏感 情報、そして 持っている 取られた 進歩 引き締める 独自の セキュリティシステムおよびシールド その ユーザー 情報。

結果 現在 プライバシースキャンダル、PositiveSingles.com 実際に 生成 楽観的 エネルギー 規制する 機密性 標準 オンラインデート そして提示する ユーザー より良い 安心 いつでも参加する場合オンライン コミュニティ。

“今日、コメント された 良いと励まし」、アレックスは述べた。 「聴衆は 準備ができている制度的相乗効果から書き込みそしてスケッチ詳細。 “